スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • 2014.05.02 Friday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    「ジュリアン」

    0
      「ガンモ」のハーモニー・コリン監督が、ある一家の奇妙な日常を斬新な映像で描いた作品。青年ジュリアンは盲学校の教師。自宅では、未婚の妊婦である姉、レスラーを夢見る弟、妻に先立たれたエキセントリックな父、そして愛犬とたわむれる祖母と暮らしている。学校では盲目の人々を手助けする一方、自分の部屋では密かにナチス崇拝の遊びに興じている。父親の威圧的な態度にも悩まされ続けてきた彼は、次第に異常になり、ある日、悲劇が訪れる……。1999年作(allcinemaより)

      「ガンモ」も未見ですがスゴク実験的な手法に見えました。私みたいなビギナーでは理解は無理かも。レビューを書く前に参考までに調べましたが、(私の大好きな)「ネイキッド・タンゴ」並みに情報が少なかったです。あらすじは調べて始めて分かりました、そういう映画です。

      ジュリアンは映画の冒頭いきなりカメを捕まえたと言っている少年を殴りたぶん殺しているし、エキセントリックな父は何故か防毒マスクを付け過ごし弟を裸にして水を浴びせ「強くなれ!」と言ったかと思うと「母さんに似ているのはお前だけだ!母さんのドレスを着てくれ!」と頼むし、姉はたぶん家族の誰かが父親の子どもを妊娠中、唯一普通の弟は父と兄の異常な行動に被害を受け続けている。

      個人的にはジュリアンと弟と姉が可哀想でした。あんな(暴力は振るわないが)異常な行動と考えを押し付ける父親の元で普通に育つのは難しいです。我慢してばかりで抵抗もしなければ(ジュリアンのように)いつかは爆発するしかないのでしょう。

      でも監督はそういう常識的なことを言いたかったのではない気がします。う〜ん・・・難しかったです。監督が何を表現したかったのかが分からなかったのですが・・・とにかく、社会で虐げられている人達や普通でないと見られる家族達(ほとんどの人達が見ないフリをしている人達)に焦点をあてた映画にしたかったのではないでしょうか?

      「スケルトン・キー」

      0
        老夫婦の住む屋敷に住み込みの看護士として働くことになった女性が、徐々に明らかになる屋敷の秘密を目の当たりにし、古呪術の恐怖に襲われる・・・。(2005年作)
        タイトルの『スケルトンキー』とは、ひとつですべての部屋を開ける事の出来るキーと言う意味であり、この物語では、屋敷に住み込むことになったキャロラインに、老婦人から渡されるのがこのスケルトンキー。
        監督: イアン・ソフトリー (K−PAXなど撮っています。)
        出演: ケイト・ハドソン、ジーナ・ローランズ、ジョン・ハート、ピーター・サースガード
        アメリカの昔から言い伝えられている呪術物です。サスペンスで、血が流れることは一切ないし、幽霊も出てこない。オカルト的であるとしてアメリカでは13禁になったのでしょうか?(日本劇場公開無しでDVDになりました、ジャケット写真は怖すぎますねー。)
        怖くないので前半(ジョン・ハート演じる)ナゾの屋敷で体が不自由になっている老人を助ける看護士(ケート・ハドソン)の犯人探しに注目してしまいます。最後にちょっとしたドンデンが・・。ストーリー的には工夫があって練られてました。

        ジーナ・ローランズも出てたのに何かもったいない映画です。今売り出し中のケート・ハドソンが初めてホラーに挑戦したらしいので、こんなソフトな感じになったのかな〜?怖がりたい人には不満が残るか・・!?と言うより私が刺激を求めすぎですねっ!。

        「シド・アンド・ナンシー」

        0
          70年代後半ロンドンを中心に活躍したパンクロックバンド、セックス・ピストルズのシド・ヴィシャスと彼のグルーピー、ナンシー・スパンゲンとの破滅的な愛の生活を描く。製作はエリック・フェルナー、監督・脚本は「レポマン」のアレックス・コックス。1986年作。(goo 映画より)

          シド・ヴィシャスがナンシーと出会ってからの話。セックスピストルズは(私は詳しくはありませんが、)今でも熱心なファンがいるバンドのようです。
          シドとナンシーの出会いはふとした事、まるでシドが捨てられた猫を拾ったような感じです。彼らが一夜を共にして目覚めた時ナンシーは追い出される事を予想してあたふたと身支度を始める。その時に当たり前のようにシドが引きとめます。初めてナンシーは自分の居場所が見つかったのです。そしてそれから2人はピッタリと(まさに死ぬまで)寄り添い続けます。
          シドがナンシーにひきつけられたのは何でしょう?同じ臭いを感じたから?それとも・・?
          それからの2人は一直線にドラック中毒への道をたどります。シド役のゲイリー・オールドマン(もちろんこういう役は)上手いです。悲惨で人間としてダメになっていく過程をイヤと言うほど見せつけられます。
          シドは21才で亡くなったのですね、まだ子どもです。誰かどうにか出来なかったのか?人気のあるバンドを象徴するキャラクターとして大人に利用された・・と言うのもあるのかもしれません。
          ゲイリー・オールドマンは最近「バットマン」で普通のおじさんを演じていました。結構エキセントリックな役が多くて同じ事をしているように見えてきてたので良かった。
          今度は普通の恋愛物でぜひ観てみたい。何やかや言われても映画によってクルクルと印象を変え、なりきる演技はスゴイです。それにとっても可愛い顔立ち(年上なんですが)。絶対恋愛物イケルってぇ。(本人がやりたくないかぁ!?)←お茶目な2人

          「セブン」

          0
            「オタク 201!」(サイドバーの本)の21位です。キリスト教の七つの大罪に基づく連続殺人事件と、それを追う刑事コンビの姿を描いたサイコ・スリラー。
            退職間近なベテラン刑事サマセットが、血気盛んな新人刑事ミルズとコンビを組む。その2人の前に起こったのがキリスト教の「7つの大罪」に基づく連続猟奇殺人事件だった。そして犯人の魔の手が刑事へも…。7つの大罪とは、憤怒・嫉妬・高慢・肉欲・怠慢・強欲・大食。肥満した男が食べ物につっぷして死に、弁護士は高級オフィスビルで殺害される。
            監督はこの作品で「密閉感あるスリラー」の名手と定評を得たデビッド・フィンチャー。モーガン・フリーマンが老刑事、ブラッド・ピットが若手刑事を演じる。そしてピットの妻にブレイク前のグウィネス・パルトロウが演じている。1995年作(goo 映画より)

            デイヴィッド・フィンチャー監督の他の作品は
            ゾディアック(原題)(2006),ロード・オブ・ドッグタウン(2005)製作総指揮、フル・フロンタル(2003)出演、パニック・ルーム(2002)、ファイト・クラブ(1999)、ゲーム(1997)、エイリアン3(1992)       全部好き!!

            かなり有名な映画で説明する必要もないと思いますが。

            適度のグロさと画面の暗い感じが好きです。
            ジョン・ドゥは人々が神の教えを忘れて罪を犯していると思っていた。そして犯している「7つの大罪」を世間に知らせ、人々が悔い改めるように啓蒙活動を行うことにしたんですね。几帳面な頭脳犯 。
            目的を遂げるため体格の良い人にスパゲティを胃が破裂するまで食べさせたり、悪徳弁護士に自分の肉を指定した分量切り取らせたり、美しい女の鼻をそぎ落として自殺するための銃と助けを呼ぶ電話を枕元に置いたり・・かなり具体的に分かりやすく罪を悔い改めさせます。手間ひまかかってます。彼は罪を悔い改めさせる事が自分に与えられた使命だと思ったのですね。彼をケヴィン・スペイシーが演じた所など鳥肌が立つ位はまっていました。

            (90年代を代表するスリラーの1本「セブン」の前編が計画されている模様。すでに「Virtue」というタイトルの原案が作成され、現在は脚本家選びが行われている模様。2006.11.01)(allcinema より)
            マジですか?同じ監督なら観てみたい。

            「ストレイト・ストーリー」

            0
              1994年にNYタイムズに掲載された実話を基に、「ツイン・ピークス」のデヴィッド・リンチ監督がユーモアとペーソス溢れるタッチで描いた感動作。アメリカ・アイオワ州ローレンスに住む73歳のガンコな老人アルヴィン・ストレイト。ある日、彼のもとに、76歳の兄が心臓発作で倒れたという知らせが入る。10年来仲違いをしていた兄に会うため、アルヴィンは周囲の反対を押し切り、たったひとりで時速8kmのトラクターに乗って旅に出ることを決意する。2000年作。(allcinemaより)

              デヴィッド・リンチ監督がほのぼのとしたロードムービーを撮っています。いつかドンデンがあるか!?と思ったら本当にほのぼのとして終わりました。
              主人公アルヴィン・ストレイトはある日持病の腰痛で倒れて自分1人では起きられなくなり嫌々病院へ。自分の体がもうあちこち病気だらけだと医者から言われます。そして雷雨の夜稲光の音を聞きながら入った一報は自分の兄が倒れたという知らせ。まるで神からの啓示を受けたように兄の元へ行かなくてはならないと決心します。
              はじめは芝刈り機を改造して出かけたアルヴィンですが途中で故障無念ながら通りかかった車に乗せられて自宅に帰り、銃で撃って壊してしまうあたり頑固ジジイです。
              そして今度はトラクターで出かけます。道中彼はいろいろな人とつかの間触れ合っていくのですが、その人達と交わす言葉の含蓄ある事と言ったら・・。彼は農場で育ち貧乏な中、兄と家族を助け思い出を共有しています。その兄とは事情のある別れをしていて・・・彼の旅は許しを得るための自分への罰だったのかもしれません。自分が年をとって死ぬ時、悔いを残したくなかったんですね。

              人間は意識を無くす、また意識がハッキリと保てなくなるまで中身は一緒ではないか?と想像します。私は若くはありませんが10代の頃と心の中はほぼ同じ(年令を重ねた知恵はあっても)たぶん70才のなろうが80才になろうが内面はこのままです。そのまま体が動かなくなり病気がちになる・・。辛いですね。
              この映画の中で老人は「年とって最悪な事は若い頃の自分を覚えている事だ」と言います。若ければ幸せと言う訳ではない、しかし確実に体は弱っていき、華やかさはなくなりつつあるように感じる、人生はそういうものです。分かっていても人は(私は)自身にその時がくるまでは分からないのでしょう。悔いの無い人生を送りたい。

              アルヴィンを演じていた俳優はこのごろ無念な最後を迎えられたそうです。自分の人生の最後の日々を幸せに過ごせたのでしょうか?納得して最後を迎えられた事を祈ります。

              「シン・シティ」

              0
                「オタク 201!」(サイドバーの本)の66位です。『デスペラード』のロバート・ロドリゲス監督が、アメコミ界の人気者で本作の原作者でもあるフランク・ミラーとタッグを組んだ。ブルース・ウィリス、ジェシカ・アルバ、イライジャ・ウッドなど豪華メンバーが勢ぞろい。白黒を基本とした映像に、赤い血や口紅の色をカラーで映し出すアイデアは斬新かつ強烈だ。2005年作(シネマトゥデイ)
                犯罪以外は何もない“罪の街=シン・シティ”。救いなどなかったはずのシティで、その夜、3人の男が絶滅したはずの愛と出会う。(goo 映画より)

                アメコミの実写化。もちろん皆劇画調でこれは自然な演技では無理な映画ですねー。観た時が最高に眠さのピークだったため途中でダウン。あれこれ言えないです。
                ですが眠くない時に観てもう〜ん、という感じだったかもしれません。映画を観る時、登場人物の気持ちや行動について考えたい観方の人には物足りないかも・・。好みの問題です。

                ベニチオ・デル・トロのキレた演技が光ってました。殺されて喉がパックリしたまま喋るシーンではキレまくっています。この人上手いな〜。
                イライジャ・ウッドが人肉を食べる異常者を演じています、それがキモくて・・。殺される時も笑っているのです。ヒイイ〜。冷や汗
                こういう見せ場が多いから俳優は演じ甲斐があったでしょうね。

                「ジグソー」

                0
                  続発する猟奇殺人。遺体は切断され人形のパーツが代わりに縫い付けられていた。ジャコモ刑事は現場に残された血の暗号から、犯人が人間の剥製を作ろうとしていると推理するが、真相は想像を絶する狂気に隠されていた・・・。(レビューより)2004年作

                  予備知識も先入観もなしに観ました。配給「アルバトロス」の文字を見てちょっとイヤな予感がよぎりましたが、気にせず鑑賞。

                  いかにも犯人か?と思わせぶりな3,4,5人(まだいるかも)の犯人候補が出てきます。
                  怪しげな伏線を思わせる反則シーンをはさみつつ結局最後の犯人はたぶん「適度な意外性」だけで決まったのではないか?と思います。犯人だけに犯人らしいシーンがなかったのは私が「オボケさん」だからでしょうか?

                  主役の男優が(好みではありませんが)目がパッチリしていたぴかぴか事だけが救いだったかもしれません。

                  一緒に観た中学生は「面白かった」らしいので、ティーン向けか!と思いましたが、足をギコギコ切るシーンがありまさか!?と思いますが、R指定ですか?
                  今回これを書く前に調べるヒマも無く・・・。


                  「ステイ」

                  0
                    精神科医サム・フォスター(ユアン・マクレガー)は、謎めいた若い患者ヘンリー・レサム(ライアン・ゴズリング)を前任のセラピストから引き継いだ。ヘンリーはサムに、三日後の真夜中に自殺すると予告する。サムには同棲中のガールフレンド、ライラ(ナオミ・ワッツ)がいるが、彼女は精神的に不安定だった。2005年作(goo 映画)

                    たぶん私自身は主演のユアン・マクレガーを観ていれば満足なんだろう、とは予想していましたが映画の内容は「マルホランド・ドライブ」に似ていた、というより似すぎていた気がしたのですが・・。
                    しかし画面はいつも美しく、またもやナオミ・ワッツが自殺経験のある女性を暗めに演じていて退屈せず観ました。
                    <気になった事>
                    ・ユアンのズボンが短すぎて(普通の状態で靴下まで見えてる)急に背が伸びたのか?と思った。
                    どうしたんでしょうか?どの場面もユアンだけズボンが短いのです。
                    ↑公式HPを見れば分かるらしいです。まだ見ていませんが。
                                            →若かりしユアンに癒されます。
                                         可愛すぎじゃないですか〜?!


                    「人類創世」

                    0
                      (1981年)ジャン=ジャック・アノー監督が、火を求めて旅を続ける人類の祖先の姿を描き出した原始スペクタクル。有史以前の世界が忠実に再現され、原始人のメイク・アップも圧巻の出来栄え。セリフなしで画だけで訴えるテーマが感動を呼ぶ。(レビューより)

                      深夜映画で「うわっ!古いな〜」と観ていたら以外とおもしろくて、眠気も吹き飛んだ。(どうせ俳優が一生懸命猿みたいな演技をやってるんでしょ?)と思ったら、なんのなんの皆上手くて人間は猿から進化したという事が感じられます。

                      人類の始まりはいろいろな部族が群れを作って縄張りを持って暮らしています。それぞれの部族はおのおの特徴(体が大きく強い、かしこくて矢や火の使い方を知っている)を持っています。ある部族が他の部族に襲撃を受け大事にしていた火を消してしまいます。そして火を求める旅に出ますが・・・。
                      やはり人類が他の生き物より優位に進化してこれたのには進化できるだけの脳があったからと言うのは簡単ですが、キーワードは「火(道具)」「移動(他民族との交流)」「感情(親しみ、憎しみ)」のような気がします。

                      台詞はなく叫んだり、注意を引く警告の声などでほとんど進んでいきます。これって俳優さんたち、難しかったんじゃなかろうか?

                      ←猿顔のロン・パールマンがあまりにとけこんだ演技です。メイクはしてたのかな?あ、失礼!
                      この映画で原始人の彼がヒマな時に体の色んなところをちょっとむしって食べているしぐさなど猿そのものでした。彼は「ヘルボーイ」でついに主役にまでなりましたが、「ロスト・チルドレン」も暗い雰囲気でおもしろかったです。




                      「サスペクト・ゼロ」+キアヌ誕生日おめでとう

                      0
                        『ザ・コア』のアーロン・エッカートと「マトリックス」シリーズのキャリー=アン・モス共演によるサスペンスミステリー。FBI捜査官のマッケルウェイは死体に奇妙なマークが残された連続殺人事件を担当することに。やがて、捜査線上に元FBIの男が浮上する。(レビューより)

                        あらすじを読んだだけで観ることを即決する、私好みの映画。観てみてもそんな酷評されるほどじゃない、というより途中まで完全に騙されてました。
                        「ブラックホール」云々の話がちらと出てきますがあれは何だったのか・・?てっきりこの犯人は1つの人格が乗り移って犯罪を犯している、という不条理展開か!と思っちゃいました。(個人的には)それならその犯人を逮捕することで誘拐事件がなくなると言う結末になって、嬉しかったのですが。そちらの方が平凡な展開かな?
                        それに遠視による捜査がからんできて、主人公のキャラにも重みが出たようです。

                        アーロン・エッカートは無表情だとめっぽう堅物にみえますね。この人がこの役じゃなかったらガラリと変わった映画だったんだろうな〜。彼は地味だ地味だと言われてますが(私は好きですが日本人うけは悪いかも・・)この映画に合っていたと思いました。

                        (スポーツニッポンより)
                        話は変わりますが今日はキアヌ・リーブスの誕生日だったんですね42才と書いてあって「えっ!」と見直してしまいました。いつまでも若々しくてツルンとした顔でまさかと思ってしまいました。次回作の宣伝のために来日していたみたいですよ〜。靴はきれいだったかしら?心配です。頑張れ、キアヌ!。


                        calendar

                        S M T W T F S
                         123456
                        78910111213
                        14151617181920
                        21222324252627
                        28293031   
                        << May 2017 >>

                        ニュース

                        selected entries

                        categories

                        archives

                        recent comment

                        • 放置するにもほどがある!
                          Chiezo
                        • 放置するにもほどがある!
                          あかひ
                        • 放置するにもほどがある!
                          とも子
                        • ヴィンセント・ドノフリオ
                          あかひ
                        • しばらくお休みします
                          あかひ
                        • しばらくお休みします
                          りら
                        • ヴィンセント・ドノフリオ
                          ミスティ
                        • しばらくお休みします
                          ティム
                        • しばらくお休みします
                          ChieZo
                        • 「リトル・ダンサー」
                          あかひ

                        recent trackback

                        recommend

                        recommend

                        recommend

                        recommend

                        recommend

                        recommend

                        recommend

                        recommend

                        links

                        profile

                        search this site.

                        others

                        mobile

                        qrcode

                        PR