スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • 2014.05.02 Friday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    「マルタのやさしい刺繍」

    0

      おばあちゃんパワーキタぁ〜!

      製作年:2006年
      監督:ベティナ・オベルリ
      出演:シュテファニー・グラーザー他
      <あらすじ>スイスの小さな村に住む80歳のマルタは、9ヶ月前に夫に先立たれて以来鬱々とした日々を送り、自分も早く夫のもとへ行きたいと願うようになっていた。ある日、昔得意だった裁縫仕事を依頼され、眠っていた創作意欲に火がつくまでは。若い頃、マルタは手刺繍のランジェリーの店を開くことを夢見ていたのだ。早速、親友リジーの手を借りて開店準備を進めるが、村人はハレンチな下着の店に眉をひそめるのだった。



      スイス映画です。

      亡くなったおじいちゃんのいいつけで得意な刺繍を封印していたおばあちゃんが、「創作意欲」をバネに立ち直っていきます。

      老後の暮らしに何の希望も持てなくなったいた親友たちも次第にそれを手助けするようになり、生きる気力を見出していきますが・・

      「美しいランジェリーのお店」は厳格で閉鎖的な村人の退屈な毎日にセンセーションを起こします。

      一番偏見持ってるのは「息子共」だったりするんだな・・これが。

      あの手この手の妨害をうけても年齢を重ねた知恵で受け流していたマルタとその親友たちでしたが、ついに店を汚されはじめて声を荒げる。

      でもそんな彼女たちの味方は村人の中にちゃんといたんですね。

      皆の前でマルタが「・・この気持ちは・・何て言うんだろう?・・」と戸惑ったとき、声が上ります「生きがいだろ!」「「喜びよ!」と。

      年を重ねることは悪くないですね。

      いくつになろうと生きる喜びは見つけられる、変化をバネに成長できる と思うと安心して年を取れそう。









      主役のおばあちゃんシュテファニー・グラーザー とても可愛かったです。


      「リトル・ダンサー」

      0

        たまにはこういうのを観ないとダメなような気がします。

        製作年:2000年
        監督:スティーブン・ダルドリー
        出演:ジェイミー・ベル他
        <あらすじ>1984年、イギリス北部の炭坑町。11歳のビリーは炭坑労働者のパパと兄トニー、おばあちゃんと暮らしていた。ある日、ビリーの通うボクシング教室のホールにバレエ教室が移ってきた。ふとしたことからレッスンに飛び入りしたビリーは、バレエに特別な開放感を覚えるのだった。教室の先生であるウィルキンソン夫人もビリーに特別な才能を見出した。それからというものビリーはバレエに夢中になるのだが……。バレエ・ダンサーを目指す少年の姿を描いたS・ダルドリー監督の長編第1作。

        炭鉱閉鎖と音楽・・「ブラス!」も音楽が希望を与えてくれるお話でしたね〜。
        (実際はあちらは「リトル〜」より70年ほど昔の話みたいですが)

        ビリーは母親を失くし、その上炭鉱のストライキで父と兄はカリカリしているという状況。
        重苦しい雰囲気が周囲を包む中、ボケている祖母の面倒を見ながら音楽を聴いて踊る事だけが楽しみなビリー。

        少年らしい無邪気さで日々を楽しんだり、炭鉱問題や母親への想いで悲しんだり、その中で一筋の光〜ダンス〜を自分の進む道にしていきます。

        反対していた父親と兄もビリーの真剣な想いを知り協力していく。
        無力な子どもですから、周囲の後押しと理解無しには夢の実現は不可能ですよね。

        主人公の少年は気難しい顔から笑顔に変わるときの表情がとても良いですね。
        この人はジェイミー・ベル 英出身 1986年生。
        14才でこの役をして、

        今は23才の青年です。

        悪い噂も聞かないし・・順調に良い俳優さんとして成長してくれるといいな〜と思います。

        2000年「リトル・ダンサー」
        2002年「ディケンズのニコラス・ニックルビー」「デス・フロント」
        2004年「アンダートウ 決死の逃亡」
        2005年「キング・コング」「ディア・ウェンディ」
        2006年「父親たちの星条旗」
        2008年「ジャンパー」「ディファイアンス」


        「ROCKN ROLLA」

        0

          製作年:2008年
          監督:ガイ・リッチー
          出演:ジェラルド・バトラー他
          <あらすじ>ロシア人マフィア一味が不正な土地取引に目をつけ、それを横取りするために数百万ドルという大金をつぎ込んだことで、ロンドン中の闇社会が動き出す。マフィアのボスからセクシーな会計士、汚職警官、ツキに見放されたコソ泥、そして伝説のロッカーまでが、互いに共謀したり衝突しながら、手早くリッチになろうと奔走する。


          ガイ・リッチー監督が好きなので観たんですが・・・無難な感じ。

          相変わらず登場人物がおしゃれで「イギリスらしい」と言えばそうなのだけど・・キレイすぎ。
          「与太者の集まり」には見えない面々。

          「ロックストック〜」「スナッチ」好きだったんだけどな〜。


          「300」

          0

            「劇場で観損ねた・・」と落胆して以来、すっかり忘れてたんですが・・
            作年:2007年
            監督:ザック・スナイダー
            出演:ジェラルド・バトラー他
            <あらすじ>紀元前480年。スパルタ王レオニダスのもとに、圧倒的な軍力を誇るペルシア帝国・クセルクセス王の遣いがやって来た。曰く、土地と水を差し出さなければ、国を滅ぼすという。しかしレオニダスは遣いを葬り去り、ペルシアと戦う道を選んだ。託宣師のお告げも無視し、テルモピュライでの決戦に挑むスパルタの精鋭たち。その数はたった300人。対するペルシアの軍勢は、なんと100万の大軍だった…。

            歴史にめっぽうウトイんです。
            特に「世界史」。でもエンターテイメント映画だから大丈夫!
            ストーリーはともかく、戦闘シーンはすばらしかった。

            敵側はクリーチャーめいたキャラが多く胸躍りましたが、
            その中でもいちばんインパクトがあったのは、その長「クセルクセス」

            いくらなんでもスゴすぎる。


            「パニッシャー:ウォー・ゾーン」

            0

              やっぱりガタイの良いヒーローは安心感あります。

              製作年:2008年
              監督:レキシー・アレクサンダー
              出演:レイ・スティーヴンソン他
              過去に2度映画化されたマーベル・コミックの人気ヒーロー、パニッシャーを主人公にしたバイオレンス・アクション。ニューヨークを舞台に、パニッシャーと最悪の敵ジグソウの攻防を描く。監督は元世界女性空手チャンピオンのレクシー・アレクサンダー。パニッシャーをテレビドラマ「ROME[ローマ]」のレイ・スティーヴンソンが演じる。大人の読者がターゲットになっている“PUNISHER MAX”シリーズの世界観を存分に生かした、ダークでハードな展開が見どころ。



              主演のレイ・スティーヴンソンは英出身!(そうだと思った・・)














              絵になる感じの存在感です。



              どっかで観た・・と思ってたら「ゾンビ・ソルジャー」の軍曹役でした。いかにも戦争映画が似合いそうな感じ。
              ジェラルド・バトラーに似ているような・・。素敵なおじ様です。


              マウスの調子が悪いのでこのくらいが限界。 


              「トロピック・サンダー/史上最低の作戦」

              0

                ロバート・ダウニー・Jrってホントかっこいいですよね〜。
                この人は若くてやにさがった感じの頃より今のおっさんが好き。

                製作年:2008年
                監督:ベン・スティラー
                出演:ベン・スティラー他
                <あらすじ>ベトナム戦争の映画のために、三人のスターがベトナムのロケ地にやってきた。落ち目のアクションスターのスピードマンは返り咲きのチャンスを賭け、下品なコメディで人気のポートノイは芸域を広げるのが目的。そして演技派のラザラスは、黒人軍曹の役のために肌を黒くする手術まで受けるほどの役者バカ。しかし撮影は進まず、困った監督はリアリティを出すために彼らをジャングルに放り込む。しかしそこは本当の無法地帯だった…。

                私・・ベン・スティラー苦手でした。忘れてた。

                なので気になったとこだけ

                個性的で自己中心な俳優3人はそれぞれ昔のヒット作があり、それが冒頭で紹介されます。

                ロバート・ダウニー・Jrはアカデミー賞主演男優賞5回受賞という演技派俳優のカーク・ラザラス役。

                代表作はこういうシリアス映画らしい。
                内容は「禁断の愛」がテーマっぽい。


                「相手方のこの美青年誰よ?!」と思ったら、トビー・マグワイアでした。

                「本気出せばこのくらいなれるんだね!トビー!」と。

                こんなことだけ強く思った。 


                「ザ・クリーナー 消された殺人」

                0
                  私、掃除好きなもんで、一時期「ご遺体がなければそういう仕事もできるかもしれない」と思ってましたが
                  やっぱり無理。

                  製作年:2007年
                  監督:レニー・ハーリン
                  出演:サミュエル・L・ジャクソン他
                  <あらすじ>元刑事で現在は犯罪や事故現場の清掃会社を営むトムの元に、ある邸宅の殺人現場の清掃依頼が届く。滞りなく作業を終了したトムだが鍵を返し忘れ、翌日再び邸宅を訪れる。すると出迎えた女主人のアンは清掃を依頼したことはおろか、自らの家で殺人事件が起こったことすら知らなかった。やがてメディアは実業家ジョンの行方不明を報じ始める。ジョンはアンの夫であり、“殺人”は“失踪”に切り替わっていた……。

                  ついこの間TV放映で「おくりびと」見たばかりです。
                  そういう感じでこの映画を見ていると全然違うので拍子抜け。

                  トム(サミュエル・L・ジャクソン)は元刑事。
                  妻を失くしたある事件により今は事件現場のクリーナーの仕事をしています。
                  ちょっと疑問に思ったのが
                  妻を失くした後復讐心から犯罪に手を染めたのが理由でクリーナーになったのか?罪滅ぼしで?
                  なんでトムは異常に潔癖症に描かれていたのか?
                  この大事なところは見逃したか、作中で掘り下げてなかったかであいまいなのですが・・。
                  大事なところだと思うんだけど・・。

                  トムが清掃したはずの家に翌日行くと家族は「知らない」と言う。
                  その後殺人の後片付けをさせられたことに気付きます。「ヤバイ!」
                  清掃して「殺人」から「失踪」にさせられたのは警察の上層部の汚職収賄事件とのつながりがある人物だったことが分かり、命の危険をも感じるトム。
                  思わぬうちに大きな陰謀に巻き込まれていく・・
                  はずだったのですが
                  意外と近くにいる人達がありがちな欲望から起こした事件。
                  チマッとした「謎」でした。

                  大きく広げた風呂敷をギュ〜〜ッと中身も入れられないほど縛ったような作品だった・・。

                  エド・ハリスも頑張ってたのに・・この人痩せたよね、大丈夫かしらん。















                  ダメージ2 第13話「対決」

                  0
                    <あらすじ>ダニエルは妻を殺したと自首した。カーナビの暗号を解読したパティは、UNRの不正取り引きの証拠として提出。だがUNR側は違法に入手したものは証拠として認められないと反論。分が悪いパティはエレンに判事が応じる買収額を打診させる。
                    エレンを殺さなかったウェスは、もう命令に応じないとリックに告げる。自ら手を下すことにしたリックは、刑事の身分を利用しエレンに近づく。一方エレンはウェスに銃の入手を頼む。

                    パティはどんどん窮地に追い詰められていきます。

                    裏切られながらも頼りにしていたダニエルは妻殺しを自首し収監
                    年上の彼女にうつつを抜かし大学に行く意志のない息子は追い出し
                    エレンのFBI関与も知る
                    トムはくびにしてしまったし
                    ピートはもうこの世にいない
                    旦那のフィルは不倫してた上に仕事の邪魔をしたので離婚する予定
                    ケンドリックとの訴訟も勝ち目はないのか!?もう打つ手がない!

                    もう私なら涙目ですね。
                    でもここで凹まないのがパティのすごい所。
                    最後にきれ〜〜〜いに全部解決です。お見事!

                    刺されたのは計算外だったんだろうか?
                    血を流すパティを一目で見捨てるFBIの後に
                    ウェス(ティモシー・オリファント)が参上「おいあんた!どうしたんだ?」と助ける。美味しい役でした。
                    正体不明の役どころだったウェスもすっかり「良い人」キャラで終わって良かったです。
                    (まあエレン殺しをしつこくもくろむ悪徳刑事は殺してますが・・)

                    「3」にもフロビシャーとかダニエルとかにはエピソードが続きそうですね。
                    最後のシーンにエレンがデイビッドのお墓の前で
                    「私好きな人ができたの」とか言ってますが
                    ウェスの出演はどうなってるんだろうか?

                    2010年1月に放送開始となる「ダメージ3」の撮影は9月にスタートするとのことだけど
                    『ティモシー・オリファントが「3」に出演!』ってニュースはないみたい・・。
                    ちょっとさびしい・・。
                    エレンも本気出して調べればウェスに犯罪歴があるのはすぐ分かるだろうし
                    「3」ではいきなり”過去の男”っぽい位置になってる可能性ありですね。

                    「ダメージ3」には
                    キャンベル・スコット

                    マーティン・ショート

                    リリー・トムリン

                    キース・キャラダイン

                    が加わる予定らしい。

                    ダメージ2 第12話「掘り返された悪夢」

                    0
                      10話・11話はDVDに入ってますが・・見る時間がないのですっ飛ばします。

                      <あらすじ>パティはフィンがカーナビを通じて情報を受け取っていたと踏み、車を盗んでカーナビのデータを取りだす。だが暗号に違いない数字データの解読が難航する。夫フィルの浮気を知ってエネルギー長官候補辞退に追いやったパティは、さらにUNRの株購入の事実をフィルに問い詰める。
                      ダニエルの別荘で飼い犬が土の中から焦げた物体を見つける。娘エリカにこれは何かと聞かれたダニエルは知らないと答えるが…。

                      殺してましたね〜ダニエルは・・奥さんを。なんちゅう奴でしょう!
                      元から気に入らん奴だとは思ってたんですが。

                      しかも奥さんからリモコン投げつけられて逆上しての犯行・・最低です。
                      でも殺したと思ってたら実は・・という展開。
                      ケンドリックの手下のリップクリーム男がとどめさしてます。


                      パティとパティの夫(浮気男)フィルは離婚訴訟へと。
                      それを知った息子マイケルから「ママと関わった男は皆不幸になるんだね〜」と言われてしまうパティ。かわいそうでした。
                      その上トムは(エレンからの入れ知恵で)FBIから逮捕され、パティ叩きに協力するよう強要される。
                      急にしり込みし始めたトムはパティに解雇され、パティはますます味方がいない状態になってしまいます。

                      まあ、結局目的を達成する意志が1番揺らいでいないのはパティですね。ある意味男らしくて素敵です。



                      ウェス(ティモシー・オリファント)と付き合い始めたエレンは何か気持ち悪くって・・・この人はすっかり悪者顔になってる気がしますが・・。

                      エレンも高収入なセレブ。
                      着ている服もお金はかかってるけど、いまいちのように思えるんだけど・・。

                      「何日か泊めてくれる?」と言うウェス(たぶんエレンの身に危険が迫ってるからボディ・ガードのつもり)に「今夜のあなた次第」なんてエロいこと言いますが、ウェスは「うん、頑張るよ!」なんて可愛いこと言ってしまったりしています。
                      「馬鹿ップルか!?」と突っ込みたかった・・。


                      今夜の最終話で↓こんなとか、あんなとか血の臭いがする展開が期待できそう。


                      「ボラット」

                      0

                        「バンク・ジョブ」も観ました。地味によくできた映画だった。

                        英国人コメディアン、サシャ・バロン・コーエン主演による社会風刺コメディ。英米両国で放映されたTV番組「Da Ali G Show」内の人気キャラクターのひとつ、ボラット(カザフスタンのTVリポーター)が、米大陸横断を敢行し、行く先々で文化的な衝突を繰り返す。
                        製作年:2006年
                        監督:ラリー・チャールズ
                        出演:サシャ・バロン・コーエン他

                        外国のコメディアンの人・・っていまいち面白みが分からないのでスルーしてました。
                        でも面白かった。お下劣ネタの臭いが漂ってきそうなのだけは勘弁してほしかったですが・・。

                        サシャ・バロン・コーエンはユダヤ系イギリス人のコメディアン。
                        彼の持ちネタのキャラクターが「ボラット」というカザフスタン人ジャーナリスト。

                        ボラットの故郷の村で行われる「ユダヤ人追い祭り」。もちろん村も祭りも実在しません。↓

                        カザフスタンの片田舎のTVレポーターは文化的に遅れていて、ある意味原始的で野蛮です。その上英語も訛りがあり、完璧に話せない。

                        そんな彼が遠慮なくぶしつけに、そしてある意味純粋に思ったことを口にし、人に接します。(彼は女性・ジプシー・ゲイ・ユダヤ人といろんな対象をヒドク差別しているんですが・・・)

                        彼がアメリカの文化を学ぶ旅に出て現地で騒動を引き起こしまくるというお話。

                        アメリカで素人さんに前もって知らせることもないドッキリ撮影をして相手の素の反応を見る事ができ、そんな様子を見て笑っていると知らずと自分が持っている人種などへの差別意識がはっきりと認識できる・・という仕組み。

                        ボラットはアメリカでさまざまな経験をします。
                        ちょっと面白かったのが「ペンテコステ派の集会」。失恋したボラットが知らずに迷い込みます。
                        「ペンテコステ派」ってキリスト教の一派のようですが、にぎやかで熱心で・・ボラットが普通の人に見えるくらいすごかった。


                        サシャ・バロン・コーエンの最新作は「ブルーノ」。もう公開済みですね。
                        ”ファッションリポーターを務めるゲイのオーストリア人ブルーノがアメリカでスターになろうとする”ってお話らしい。下ネタがきつそうなのでまた観る決心がつくのに時間がかかりそう・・。



                        calendar

                        S M T W T F S
                            123
                        45678910
                        11121314151617
                        18192021222324
                        252627282930 
                        << June 2017 >>

                        ニュース

                        selected entries

                        categories

                        archives

                        recent comment

                        • 放置するにもほどがある!
                          Chiezo
                        • 放置するにもほどがある!
                          あかひ
                        • 放置するにもほどがある!
                          とも子
                        • ヴィンセント・ドノフリオ
                          あかひ
                        • しばらくお休みします
                          あかひ
                        • しばらくお休みします
                          りら
                        • ヴィンセント・ドノフリオ
                          ミスティ
                        • しばらくお休みします
                          ティム
                        • しばらくお休みします
                          ChieZo
                        • 「リトル・ダンサー」
                          あかひ

                        recent trackback

                        recommend

                        recommend

                        recommend

                        recommend

                        recommend

                        recommend

                        recommend

                        recommend

                        links

                        profile

                        search this site.

                        others

                        mobile

                        qrcode

                        PR