スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • 2014.05.02 Friday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    「マーターズ」

    0
      『マーターズ』
      70年代のフランス。行方不明だった少女リュシーが衰弱した状態で発見される。彼女は長い間、監禁され、そこで拷問や虐待を受けていたが、自力で脱出したのだった。しかし監禁の理由は不明のまま。リュシーは福祉施設で育ち、15年がたった。ある朝、森の中にある閑静な住宅を訪問したリュシーは持っていた猟銃で一家4人を惨殺する。それはリュシーを虐待した家族だったのか。同じ施設で育った親友のアンナは死体処理を手伝うが、それはまだ事件の始まりに過ぎなかった。
      [ 2009年8月29日公開 ]


      もとから拷問・監禁には興味が持てないのでキモの部分だけ。

      少女時代に監禁されていたリュシーは「ある目的」のために
      計画的に監禁・拷問されていたのですが・・。

      そのある目的とは 
      (反転)

      苦しみぬいて死ぬ犠牲者だけが死の直前に見る世界(死後の世界)を知るためでした。その世界は超越した境地にある者にしか見られないらしい。死んでしまったらその世界を聞くことはできないので半殺しにして、なおかつ死後の世界の説明ができる意識状態にしておかねばならないというわけ。


      金持ちの年寄りの道楽です。

      ど〜〜も私は仏映画はダメなんだな。

      放置するにもほどがある!

      0
         と言うわけで・・

        働くのも、遊ぶのも、観るのも、飲むのも、食べるのにも疲れて、
        「なんかお年寄りみたいだね・・」と家族に言われる始末です。
        これはマズイですね。

        そんな中、久しぶりに検索していてこの画像が!!!

        「THE CRAZIES」ティモシー・オリファント

        目が醒めました・・。まだまだボケてられません。


        「ラブリー・ボーン」

        0

          とても面白かったです。
          少女は最初の方で殺されてしまうので、後は残された家族のエピソードなどなど・・。
          でも飽きないんですよね。

          私はよく死後の世界や神について考えるほうなので、そういう意味でも通じる内容だったのかもしれません。

          死後自分を殺した犯人がのうのうとしているのに焦る少女に少女より早く死後の世界に来ていた少女が言う言葉「あなたにも分かるようになる。人は皆死ぬ」。神々は細部に宿る の言葉を感じさせるシーン。

          胸に迫ってくる物がありました。

          こういうのをスピリチュアルな映画と言うんだろうな〜とも思ったりしますが・・。




          皆さん 今年も宜しくね

          0

            時間が取れない原因だった試験のようなもの(センターじゃないよ)がやっと済んだので、これからは映画がゆっくり観られそうです。

            録画したのもたまりすぎなんだよね・・。

            今年最初の映画鑑賞は「彼岸島」だった。付き合いとはいえ・・眠くなったし、はしょりすぎだった。原作面白いのにぃ〜〜。


            しばらくお休みします

            0

              風邪の後に新型インフルになってしまって、回復後にはたまっていた仕事に追われています。

              それでも毎日映画は観ているのですでにもう何を観たのかも分からない・・。思ったよりずっと面白かったのは

              カニング・キラー/殺戮の沼」だったりして・・。



              「ハックル」

              0

                『タクシデルミア ある剥製師の遺言』の監督、パールフィ・ジョルジが映画学校の卒業制作として作った作品。

                製作年:2002年
                監督:パールフィ・ジョルジ
                出演:バンディ・フェレンツ

                ハンガリーのとある村の朝、目覚めたヘビのウロコのクローズアップから、村のおじいさんの止まらないしゃっくりをはさみつつ、いつもの村の平凡な一日が始まるか?!







                と思わせつつ

                『羊の汚い毛並み
                荷馬車の車輪の回る様子
                車のドアの締まる時の細部の様子
                娘の胸元に止まるてんとう虫
                ミシンを動かす小さい部品
                などなど・・・・・・・・・・・・・・』

                とじっくり見たこともなければ、見ようとも思わない、でも見たらとても美しい物をじっくり見せてくれます。

                何も起こっていないような日々の生活は実はとてもドラマチックでサスペンスな出来事の連続だと分かってしまう。

                その上この村には秘密があり、村人の日常に異常なことが起きていることが分かってくるんです。







                映画の冒頭でにぎやかにボーリングに興じていた男たちはラスト近くにはいなくなり、一人だけになっしまいます・・。
                きっとその残ったおじいさんは一人暮らしなんだろうなあ〜。


                風邪ひいてます。

                0
                  その間にも 「スペース・ウォッチ」「ハックル」「ブラッディ・バレンタイン」は観ましたが・・。
                  何だか集中できないので・・

                  「ブラッディ・バレンタイン」のジェンセン・アクレス誰かに似てるな・・

                  と思ってたらライアン・フィリップだった・・くらいしか頭働いてません。

                  ライアン思いつくまで随分かかった・・。

                  「パラダイス・ナウ」

                  0

                    「ハサミを持って突っ走る」「あなたにも書ける恋愛小説」も見ました。
                    いまいちだった。


                    製作年:2005年
                    監督:ハニ・アブ・アサド
                    出演:カイス・ネシフ他
                    <あらすじ>イスラエル軍に包囲された西岸の町ナブルスに暮らす、サイードとハーレド。
                    二人はパレスチナ過激派の自爆テロ攻撃の実行役に選ばれる。
                    48時間後の猶予の後のテロ当日、思わぬアクシデントでテロは失敗するが、その際サイードがはぐれてしまう。


                    フランス・ドイツ・オランダ・パレスチナ合作映画。

                    「自爆テロ」と聞くと困惑したり、腹が立ったりしてしまうんですよね。
                    これは一般的な反応だと思うんですが・・。

                    かつては日本軍にも「日の丸特攻隊」があったんだよな〜とか。
                    そもそも「自爆テロ」をしている本人や家族はどういう思いなんだろう?とか。
                    それでもやはりテロは許せない!とかで

                    「見えてこない」感じがイライラさせると共に
                    分からないから「私は詳しくないのよね・・」でいいのかな?!と

                    そんなわけで観たかった映画です。



                    サイードとハーレドの2人の青年は先の見えない占領地に暮らし、未来の見えない毎日を送っています。2人は「自爆テロの実行」を希望していて毎日はその「待ち時間」に過ぎない。


                    自爆テロ決行に2人が選ばれ、2人が家族と過ごし当日を迎える。
                    しかし、サイードは何か納得できないものを感じる。「他のやり方はないのか?」と。


                    テロ当日に敵のイスラエル側に行き、バス停に立つサイードがバスを待つ敵側の一般人を見まわします。
                    彼はその人たちが憎んでいた敵であり、これから自分が自爆テロをして殺す相手であることがどうしても受け入れられない。
                    あわてて自国に帰りハーレドを探しあちこちをさまようのですが・・。
                    その間に自分がどうして「自爆テロ」をするのか?他に生きる道はないのか?と自分を問い詰めていきます。

                    最後に彼が「自爆テロ」について語った言葉・・肯定はできないにしても理解ができました。

                    40年〜60年に渡り占領された民族として生きるとはどういうことなんだろう?
                    何もかも敵側に優位に立たれ、もう武器が体だけしかなかったら。
                    ショッキングな「自爆」=「死」を武器にすることでしか、自分たちの国の絶望感をあらわせないとしたら。

                    想像力を働かせなくてはいけないなと思います。

                    私たちのできることはまずこういう人生を送る人々がいることを知ることなんだろうな。


                    近日公開作品

                    0

                      「スペル」
                      サム・ライミ監督。ほんの小さな不親切をしたら、さかうらみで「3日の生き地獄と、死。」映画史上最恐の3日間」が見たい。










                      「アバター」
                      ジェームズ・キャメロン監督。3D映画。サム・ワーシントンが見たい。













                      「2012」
                      ローランド・エメリッヒ監督。古代文明として栄えたマヤ文明。「マヤ暦」が2012年12月21日に途絶えていた・・。最新CG技術に期待できそう。










                      「狼の死刑宣告」
                      ジェームズ・ワン監督。息子を殺されたことから復讐の鬼と化していく男・・・かっこいいケビン・ベーコンが見たい。












                      どれにしようかなあ〜?


                      「タクシデルミア〜ある剥製氏の遺言〜」

                      0

                        製作年:2006年
                        監督:ジョージ・パールフィ
                        出演:ツェネ・チャバ他
                        <あらすじ>
                        ハンガリーの祖父、父、孫の三代にわたるお話。
                        たぶん・・ですが「性欲」「食欲」「不老不死欲(こんな名称あるのか?)」についてのダーク・ファンタジーです。


                        ハンガリ=オーストリア=フランス合作作品。

                        面白いけど、大っぴらに「面白いよ〜!コレ観てね!」とおてんとさまの下では言えない・・。
                        とても好みが別れることが予想される映画です。

                        でも・・・

                        面白いよ!


                        まず祖父のお話。
                        上官の家に配属されている下っ端兵士(国境警備隊として地方の寒村に配備されているらしい)の祖父はブタ小屋で寝て上官の使用人をしている。この男ものすごく愛に飢えている と言うよりちょっと変態なほど「S○X」のことばかり考えています。


                        この子ども(父)はスポーツ大食いの選手。毎日激しい訓練を積んでいるがプレッシャーに負け、あと少しの所で代表選手の座を逃す。同じく大食いの女子選手と結ばれるが不本意ながら体格が小さい子どもを授かる。


                        体格の悪い孫は剥製師。体が大きくなりすぎて動けなくなった父の世話をしているが、父からさげすまれている。猫に食い殺され亡くなった父を剥製にして彼自身も究極の剥製になる。

                        おおまかに書いてもスゴイですね。
                        そういう映画です。



                        calendar

                        S M T W T F S
                             12
                        3456789
                        10111213141516
                        17181920212223
                        24252627282930
                        31      
                        << December 2017 >>

                        ニュース

                        selected entries

                        categories

                        archives

                        recent comment

                        • 放置するにもほどがある!
                          Chiezo
                        • 放置するにもほどがある!
                          あかひ
                        • 放置するにもほどがある!
                          とも子
                        • ヴィンセント・ドノフリオ
                          あかひ
                        • しばらくお休みします
                          あかひ
                        • しばらくお休みします
                          りら
                        • ヴィンセント・ドノフリオ
                          ミスティ
                        • しばらくお休みします
                          ティム
                        • しばらくお休みします
                          ChieZo
                        • 「リトル・ダンサー」
                          あかひ

                        recent trackback

                        recommend

                        recommend

                        recommend

                        recommend

                        recommend

                        recommend

                        recommend

                        recommend

                        links

                        profile

                        search this site.

                        others

                        mobile

                        qrcode

                        PR