スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • 2014.05.02 Friday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    「BAG/バグ」

    0
       うちの家族にシラミが付いた時も「いる」とか「いない」とか「絶対いる」とか言ってたの思い出しました。

      製作年:2007年
      監督:ウィリアム・フリードキン
      出演:アシュレイ・ジャッド他

      仮釈放された元夫の暴力から逃れるため、モーテルで暮らしていたアグネス。彼女は友人のR.C.からピーターという男性を紹介された。互いに共感を覚え打ち解けていく2人だが、そんな中彼らは姿の見えない“虫”の鳴き声を耳にするようになる。その後姿を見せた元夫に怯えるアグネスを慰めるため、ピーターはアグネスと一夜を共にする。するとそれに呼応するように、2人の暮らす部屋に見えない“虫”が増えていき……。

      元はオフ・ブロードウェイ作品のようで、前衛的でカルトな感じ。
      元からこちらは虫は見えないのに「虫がいる」と騒いでばかりです。
      主人公が家に引き入れる男は最初からかなり「不審者」。
      「やめときなよ〜悪い事言わないからさ〜」と思いつつ観てました。

      アシュレイ・ジャッドが見れるのがよいですね。

      「P2」

      0

        製作年:2007年
        監督:フランク・カルフン
        出演:レイチェル・ニコルズ、ウェス・ベントリー

        『ハイテンション』『ヒルズ・ハブ・アイズ』のアレクサンドル・アジャが製作・脚本を手掛けたサスペンス・スリラー。
        クリスマス・イブ、たった一人で遅くまで人残業していたアンジェラ(レイチェル・ニコルズ)は、仕事を済ませ地下駐車場に向かう。しかし車のエンジンがかからず、ビルから出られなくなって途方に暮れていると、何者かに襲われ意識を失ってしまう。意識を取り戻した彼女は、足かせをはめられ警備員室の中で監禁されていた……。(シネマトゥデイ)

        監禁物ですね。
        訳も分からぬうちに捕らえられて、ドレスでクリスマスを祝う席につかされたアンジェラ。
        駐車場の警備員は自分の縄張り内で鬼ごっこをするように追いかけます。

        ウェス・ベントリーは器用な俳優さんなんですね。アンジェラに優しく話しかけたかと思うと、激昂し、キレる、生理的に受け付けないキモイ男を演じてます。ほんとにキモイんだからあ〜。

        こんな男に追いかけられて逃げ惑っていたアンジェラは最後には「さあ来い!勝負だ!」と腹をくくって戦います。

        やっぱり「攻撃は力なり」。

        「1408号室」

        0
          製作年:2007年
          監督:ミカエル・ハフストローム
          出演:ジョン・キューザック、サミュエル・L・ジャクソン

          ホラー小説の巨匠スティーヴン・キングの同名小説を基にとあるホテルの1408号室で連続する騒動を軸に描かれたサスペンスホラー。宿泊した者は必ず死亡するという謎の現象を臨場感たっぷりに見せる。主演は『マルコヴィッチの穴』のジョン・キューザックと、『ブラック・スネーク・モーン』のサミュエル・L・ジャクソン。ホテルの一室で繰り広げられる数々の怪奇現象が、観る者を凍りつかせる。


          ジョン・キューザックが出てるから、きっと面白かろう・・とそれだけで観はじめたら
          「なんかこの展開、無茶苦茶一時期馴染んでいたような・・」
          「スティーブン・キング原作」だなんて、大事なとこ押さえてませんでした。

          キングの原作では「ただの無神論者が自業自得」という内容(よく覚えてないが)。時々この人こういうお話書きますね。読んだ後気持ち悪く凹みます。

          本作では設定に手を加えてありますが、部屋に入ってからの主人公いじめのしつこさとジョン・キューザックの熱演がストーリーのことなど忘れさせてしまいます。

          キング原作にしては「中」くらいの出来かなあ?





          「REC/レック」

          0
            製作年:2007年
            監督:ジャウマ・バラゲロ
            パコ・プラサ
            出演者:マニュエラ・ヴェラスコ他

            TV局レポーターのアンヘラは消防士への密着取材中、あるアパートを訪れた。老婆が暴れているらしく、消防士や警官らが取り押さえようとするが、老婆は逆に警官に噛み付いてしまう。なんとか襲われた警官を助け出し、手当てのためにアパートの外に出ようとすると、出入り口はなぜか警察によって封鎖されていた。このアパートには何があるのか? そしてアンヘラたちが回し続けるカメラには、恐怖の一夜が映し出されることになる……。

            ゾンビがいっぱいのお化け屋敷。
            建物に閉じ込められた住人や警官、消防士、TV屋さんたちが逃げ惑います。狭い空間だけにゲーム的な感じ・・。主人公のTVレポーターアンヘラは叫び声がうるさかった。カメラマンは仕事をキッチリこなして、アンヘラを気遣い好印象、最後まで顔は見えないが。

            なかなか良かったけど、「謎」が欲しいなあ〜。
            「なんかよく分からん」「「気味が悪い」物・・。

            これでは生身の人間の方がよっぽど怖い。
            もうちょっとの感じです。

            眠くはならないが、怖くも無い。

            「BATS供♂蝠地獄」

            0
              製作: 2007年
              監督: ジェイミー・ディクソン
              出演: デヴィッド・チョカチ

              ロシアの紛争地域チェチェンに派遣されたアメリカ特殊部隊デルタフォース。彼らの任務は逃亡者となった軍事兵器開発のスペシャリスト、フォルシュ博士を生きたまま捕まえること。ウォルシュ博士の研究施設を目指し森の中へ侵入するが・・。

              登場人物が妙に小ぎれいでステレオタイプだと思っていたら・・ゲーム風?TVドラマ?兵士がミッションを完了するという類の物?
              「主人公が上官の命令を聞かない一匹狼」「ロシア女が冷淡で声のトーンが低い」とかいう設定がいかにもありそうでニヤリとしてしまった。

              「28週後... 」

              0
                やっと観た・・。
                これ観るのにスンゴイ時間かかってしまった。

                人間を凶暴化させるウイルスと人間との決死のサバイバル描き、大ヒットを記録したダニー・ボイル監督作『28日後...』の続編。ウイルスがまん延してから28週後、復興の兆しが見えた世界で、恐るべき事態が再びイギリスを襲う。

                前回ダニー・ボイル監督らしくて良かったですね。ゾンビ映画にこういう描き方あったんだあ〜、とかなり感心しました。「全速力で走るゾンビ」、ついにここまで進化したか!?という感じでしたよね。

                「28週後... 」もなかなか良かったんですが・・確かに面白かったです。
                わざわざ丸見えの落とし穴にはまるような事をしでかしまたゾンビウイルスを蔓延させる民間人や、ゾンビも非感染者も抹殺しようとする軍、軍の命令に従わず命を投げ捨て子どもを助けようとする一兵士・・・。ちょっとありきたりで想像出来たのがな〜・・。
                いや面白かったんですが・・私としてはゾンビと戦う軍の兵士達の姿を観て、「戦争物観たいな〜・・」と思ってしまった収穫はありました。

                次回は「ヒットマン」か戦争物で行こうかな・・。

                「TATARIタタリ/呪いの館」

                0
                  評価:
                  アマンダ・リゲッティ.エリック・パラディーノ. セリーナ・ビンセント.トム・ライリー.アンドリュー・リー・ポッツ.スティーブン・パーシー.ジェフリー・コムス,ビクター・ガルシア
                  サラ・ウォルフェは、呪われたヴァナカット精神病院から生き残ったただ一人の生存者だった。しかし、あのおぞましい殺人が幽霊によっておこなわれたというサラの話を信じるものはいなかった。そして、サラは謎の自殺を遂げ、彼女の妹にあたるアリエルが、サラの死の理由を突き止めようと立ち上がる。ヴァナカット医師の日記。そこには、呪われた館に関する手がかりが残されていた…。

                  前作は呪いの屋敷に閉じ込められた人間一人一人の個性が際立っていて、死ぬのが惜しいような方々が丁寧に死んでいってましたが・・、今回普通になっちゃったな。
                  メインは「おかしな屋敷の宝探し」でした。

                  「TRAP(トラップ」

                  0
                    簡単に言うと「悪夢」を見ているようでした。

                    製作 :2004年 ドイツ
                    監督 : アヤッシー
                    出演 : デトレフ・ボーテ , アンナ・タルバッハ , トーマス・ベストファーター
                    ドイツCM界の奇才・アヤッシーが、アニメーションと実写を巧みに組み合わせた摩訶不思議な世界で描く不条理密室劇。行方不明の恋人を叫び声が木霊する奇妙な館で見つけたヴィンゼントは、次々に起こる理解不能な出来事の真相を突き止めようとするが…。

                    CM界の奇才アヤッシー・・とにかく面白い撮り方されてました。
                    日本のアニメーションに触発されたPVのような物・・との理解でも良いと思う。こういうのって奇をてらってるので眠くはなりにくいんですが・・好みがあるよね。

                    見れば見るほど味のある古び方をしたアパートを訪れた主人公はどこかに監禁されている知り合いの女性を求めてさまよい、あちこちで不思議な住人と関わっていく。でも実は住人にとっては主人公自体が怪しい存在のようで・・。

                    一度「カフカ的迷宮」を彷徨いたい人にお勧め。

                    彷徨いたくなければ早回しで観てもいいかも・・。

                    「unknown アンノウン」

                    0
                      製作年度 2006年
                      監督 サイモン・ブランド
                      出演 ジェームズ・カヴィーゼル 、グレッグ・キニア 、ブリジット・モイナハン(allcinema ONLINE)
                      解説: 廃棄工場に閉じ込められた記憶喪失の男5人が、それぞれの記憶をめぐって駆け引きを繰り広げるサスペンススリラー。監督はジェシカ・シンプソンなどのPVを手掛けてきたビジュアル派のサイモン・ブランド。『パッション』のジム・カヴィーゼル、『グリーンマイル』のバリー・ペッパー、『恋愛小説家』のグレッグ・キニアら、人気の実力派がキャストに名を連ねている。先の読めない展開と、緊張感のある時間のせめぎ合いにタイムリミット・サスペンスのドキドキ感を堪能できる。


                      目が覚めると知らない場所。まわりの人も縛られたり、倒れたりしていていかにもマズイ状況。しかも自分が誰かも分からない。
                      密室状態の建物を様子を調べ、目が覚めた人からも情報が集まるとともに「誘拐事件」に関係した面々だと分かるが。
                      一体誰が犯人で誰が人質なのか?

                      前半息詰まってるわりに眠くなってしまいました。最後の最後まで誰が犯人か分からない・・結構いい人たちなんで力を合わせて頑張っちゃったのに問題ありなんでしょうか?それとせっかく美味しい設定なんだから心理戦ももう少しあって良かったかな?記憶喪失状態から少しずつ思い出される記憶の断片が上手に使われてなくてもったいなかった。
                      観てる側が推理出来るような脚本にするとか、も良さそう。

                      ラストは急展開で2転3転します。ジム・カヴィーゼル好きなんですが良い人キャラだけでない役選びする人なんだなあ〜。

                      しかし・・記憶がない、自分の事が誰なのかも分からないという状況では人間って不安定な存在なんだなあ〜。結局人間って「記憶の積み重ね」の存在なのかも。今のその時その時を大事に生きてないとダメなのね・・「積み重ね」なんだから と変な事を考えてしまいました。

                      身代金を受け取った犯人の方を追う刑事の片方の俳優さん(年配の方)・・どこかで見たと思いながら思い出せなかった。

                      「0:34」

                      0
                        前々回と数字つながりですね。ちゅーか、数字のタイトルの作品って印象に残りやすい・・「えーとあの数字の映画・・」とか。
                        私も「たしか数字のタイトルの映画が観たかったんだよな〜」くらいしか覚えてなくて、はっきりしないので2本借りてみました。(覚えてないじゃん!)

                        製作年度 2004年
                        監督 クリストファー・スミス
                        出演 フランカ・ポテンテ 、ポール・ラットレイ 、ケリー・スコット (allcinema ONLINE)
                        解説: 『ボーン・スプレマシー』のフランカ・ポテンテ主演の衝撃ホラー。共演は『24アワー・パーティー・ピープル』のショーン・ハリス。監督は新進気鋭のクリストファー・スミス。「当分地下鉄には乗りたくない」とイギリス国民を恐怖のどん底に突き落としたブリティッシュ・ホラーの傑作。

                        ロンドンの地下鉄チャリング・クロス駅で、途方にくれるケイト(フランカ・ポテンテ)。0:34の最終電車に乗り遅れてしまったのだ。ところがそこに無人の電車が到着する。ケイトはその電車に乗り込んでしまうが……。 (シネマトゥデイ)


                        「ラン・ローラ・ラン」で走りに走ってた女優さんが主演で今回も地下鉄構内や閉ざされた地下駅やら逃げ惑います。確かに追われる怖さは伝わってきたのだけど・・
                        追ってくる得体の知れない者(物)がハッキリ正体を現してからは・・・思いっきりマスク感があるし、台詞無しで変な演技しようとしてるし(何をしたいんだ?)あの「ため息」とか「肩こり」とか「苦悩」って何をさせたかったんでしょう??あの怪人(?)の個人情報プリーズ。ただの「変な人」で終わりそうだから。
                        ストーリーも結局安易な方向に流れただけだった。お約束の閉ざされた地下の病院(診察室)らしき所で実験ぽいことがあってたようなシーンもあるしね。(こりゃまた安易)

                        ラストはイギリスのウィットって奴でしょうか?ウィットはフランス?
                        こんなオチいらんわ!ちょっと笑えるけど。(*^_^*)
                        主人公の彼女は最初はレイプしようとした同僚さえ助けようとしているけど(構内生活の人にお金を渡してね・・自分で助けないのね・・)後は次第に自分だけで手一杯になります。見かけもドロドロで、もちろんお金などの持ち物もない。
                        華やかな地上での生活とのギャップみたいな物も描きたかったのだろうか?現代人の見せ掛けだけの常識人振りなど切羽詰ればすぐ壊れてしまう・・とか描きたさそうです。


                        calendar

                        S M T W T F S
                        1234567
                        891011121314
                        15161718192021
                        22232425262728
                        293031    
                        << October 2017 >>

                        ニュース

                        selected entries

                        categories

                        archives

                        recent comment

                        • 放置するにもほどがある!
                          Chiezo
                        • 放置するにもほどがある!
                          あかひ
                        • 放置するにもほどがある!
                          とも子
                        • ヴィンセント・ドノフリオ
                          あかひ
                        • しばらくお休みします
                          あかひ
                        • しばらくお休みします
                          りら
                        • ヴィンセント・ドノフリオ
                          ミスティ
                        • しばらくお休みします
                          ティム
                        • しばらくお休みします
                          ChieZo
                        • 「リトル・ダンサー」
                          あかひ

                        recent trackback

                        recommend

                        recommend

                        recommend

                        recommend

                        recommend

                        recommend

                        recommend

                        recommend

                        links

                        profile

                        search this site.

                        others

                        mobile

                        qrcode

                        PR