スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • 2014.05.02 Friday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    「遊星からの物体X」

    0
      製作年度 1982年
      監督 ジョン・カーペンター
      出演 カート・ラッセル 、A・ウィルフォード・ブリムリー 、リチャード・ダイサート 、ドナルド・モファット 、T・K・カーター 、デヴィッド・クレノン

      解説: 氷の中から発見されたエイリアンと南極基地の隊員との死闘を描いた、SFホラーの古典「遊星よりの物体X」のリメイクで、よりキャンベルの原作に近い。10万年前に地球に飛来した謎の巨大UFOを発見した南極観測隊のノルウェー基地が全滅。やがてノルウェー隊の犬を媒介にしてアメリカ基地に未知の生命体が侵入した。それは次々と形態を変えながら隊員たちに襲いかかる……。(allcinema ONLINE)

      南極のアメリカ基地に逃げ込んできた犬は何故かヘリに追われ、撃ち殺されようとしていた。その犬を保護したが、とんでもない未知の生命体に変身する・・。
      未知の生き物である物体Xは、10万年前に宇宙から来た生命体(発見したノルウェーの観測隊はすでに全滅)で、他の生命体を見つけると素早く劇的に同化し、そっくりに擬態する。持ち帰った死体からも物体Xが姿を現し、次々に隊員に同化していくが、擬態が上手いので見分けが付かず疑心暗鬼

      未知の生命体は血液だけでも生きていて、他の生命体と融合する。融合中は見られたものじゃない姿ですが、融合が済めば普通の人間です。燃やせば動かなくなるも、凍れば冬眠し、暖まって血液がドロドロし出すとまた生き返ります。
      取り付いた生命体と融合する様がキモく、気持ちいいです。ウネウネあらぬ所からゴキブリの足や触角、触手が出て来るわ、顔にあたる部分がパカッと豪快に花びらのように開くわ。こいつ無敵かもしれない・・。もちろん粘液や他の生命体を溶かす胃液のような物も飛ばしたりします。融合した姿も左右不対称であっちから色んな物が出てたり、元の生命体の骨格があったりして、その上声まで似てたりしていいんだなあ〜。

      未知の生命体の魅力を語るのはこれくらいにして・・。SFホラーとしては最高に面白いです。3回目の鑑賞で初めて観たような気持ちの私ですが(さっぱり忘れてた、トラウマになったので忘れたかったかもしれない)登場人物が南極観測隊で閉ざされた生活空間を縦横無尽に使って取り付かれながら活躍してます。
      普通の人間と同じに見える生命体は、安いサスペンスみたいに「こいつだな!」と予想させない普通っぽさで展開が見えず、疑心暗鬼で仲間同士で殺し合う羽目になる隊員たちの切羽詰り方が良かったです。もちろん時々出てくる物体Xのバリエーション豊かな変身シーンも。
      グロテスクなクリーチャーが見たい方にもお勧め。
      1982年でここまで出来るんだねえ〜。

      スポンサーサイト

      0
        • 2014.05.02 Friday
        • -
        • 00:53
        • -
        • -
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク

        関連する記事
          コメント
          余りに有名すぎる作品ですが、何度観ても面白いのではないでしょうか。不安と恐怖の違いがわかりますね。不安は対象がない、恐怖は対象が明確な場合です。未知の生命体は、ちょうどその間の曖昧なところの存在ですねえ。ですから、不安と恐怖が直接来ます。しかしながら、一番怖いのは「疑心暗鬼する人間の心」ということでしょうか。考えると、人間関係でも同じようなことが起こっているわけです。
          • ウフフマン
          • 2007/08/11 3:42 PM
          ウフフマンさん
          これはスゴイ作品ですよね〜。
          クリーチャーの様子やキャラがよくて、思わず興奮します。
          閉ざされた空間で死が迫る緊迫感も最高でした。

          でも「疑心暗鬼」で殺し合う人間の方が1番怖いかもしれませんね。
          • あかひ
          • 2007/08/11 11:33 PM
          コメントする








             
          この記事のトラックバックURL
          トラックバック
          状態レンタル落ち中古ビデオメーカーワーナー公開・放映情報2005年米121分スタッフ原作:ジェイミー・デラノ/ガース・エニス監督:フランシス・ローレンスキャスト出演:キアヌ・リーヴス/レイチェル・ワイズ/シア・ラブーフ/ジャイモン・フンスー/マックス・ベイカー/
          • ホラー・SFの厳選紹介
          • 2007/07/27 9:52 AM
          あまりのおもしろさに届いたその日に読んでしまいました。「着信あり」のメール版みたいな感じが、ちょっとガッカリだったけど、内容的には面白かったです。前に流行った話○○○に少し似ている感じですが、なかなか面白かったですよ。興奮します。子供の好きな小説作家
          • SF・ホラーの感想
          • 2007/08/11 9:10 AM
          ただ今、読んでる中!!!森博嗣の新シリーズに期待。新シリーズとういことで、登場人物が知らない人ばかりで新鮮と思いきや、そこはやはり今までのシリーズとのつながりも。ネタバレになるのであまり書けませんが。ただ、前のシリーズに比べればトリックとかもそれなり
          • SF・ホラーの厳選紹介
          • 2007/08/12 11:22 PM

          calendar

          S M T W T F S
                1
          2345678
          9101112131415
          16171819202122
          23242526272829
          30      
          << April 2017 >>

          ニュース

          selected entries

          categories

          archives

          recent comment

          • 放置するにもほどがある!
            Chiezo
          • 放置するにもほどがある!
            あかひ
          • 放置するにもほどがある!
            とも子
          • ヴィンセント・ドノフリオ
            あかひ
          • しばらくお休みします
            あかひ
          • しばらくお休みします
            りら
          • ヴィンセント・ドノフリオ
            ミスティ
          • しばらくお休みします
            ティム
          • しばらくお休みします
            ChieZo
          • 「リトル・ダンサー」
            あかひ

          recent trackback

          recommend

          recommend

          recommend

          recommend

          recommend

          recommend

          recommend

          recommend

          links

          profile

          search this site.

          others

          mobile

          qrcode

          PR