スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • 2014.05.02 Friday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    「タクシデルミア〜ある剥製氏の遺言〜」

    0

      製作年:2006年
      監督:ジョージ・パールフィ
      出演:ツェネ・チャバ他
      <あらすじ>
      ハンガリーの祖父、父、孫の三代にわたるお話。
      たぶん・・ですが「性欲」「食欲」「不老不死欲(こんな名称あるのか?)」についてのダーク・ファンタジーです。


      ハンガリ=オーストリア=フランス合作作品。

      面白いけど、大っぴらに「面白いよ〜!コレ観てね!」とおてんとさまの下では言えない・・。
      とても好みが別れることが予想される映画です。

      でも・・・

      面白いよ!


      まず祖父のお話。
      上官の家に配属されている下っ端兵士(国境警備隊として地方の寒村に配備されているらしい)の祖父はブタ小屋で寝て上官の使用人をしている。この男ものすごく愛に飢えている と言うよりちょっと変態なほど「S○X」のことばかり考えています。


      この子ども(父)はスポーツ大食いの選手。毎日激しい訓練を積んでいるがプレッシャーに負け、あと少しの所で代表選手の座を逃す。同じく大食いの女子選手と結ばれるが不本意ながら体格が小さい子どもを授かる。


      体格の悪い孫は剥製師。体が大きくなりすぎて動けなくなった父の世話をしているが、父からさげすまれている。猫に食い殺され亡くなった父を剥製にして彼自身も究極の剥製になる。

      おおまかに書いてもスゴイですね。
      そういう映画です。


      「トロピック・サンダー/史上最低の作戦」

      0

        ロバート・ダウニー・Jrってホントかっこいいですよね〜。
        この人は若くてやにさがった感じの頃より今のおっさんが好き。

        製作年:2008年
        監督:ベン・スティラー
        出演:ベン・スティラー他
        <あらすじ>ベトナム戦争の映画のために、三人のスターがベトナムのロケ地にやってきた。落ち目のアクションスターのスピードマンは返り咲きのチャンスを賭け、下品なコメディで人気のポートノイは芸域を広げるのが目的。そして演技派のラザラスは、黒人軍曹の役のために肌を黒くする手術まで受けるほどの役者バカ。しかし撮影は進まず、困った監督はリアリティを出すために彼らをジャングルに放り込む。しかしそこは本当の無法地帯だった…。

        私・・ベン・スティラー苦手でした。忘れてた。

        なので気になったとこだけ

        個性的で自己中心な俳優3人はそれぞれ昔のヒット作があり、それが冒頭で紹介されます。

        ロバート・ダウニー・Jrはアカデミー賞主演男優賞5回受賞という演技派俳優のカーク・ラザラス役。

        代表作はこういうシリアス映画らしい。
        内容は「禁断の愛」がテーマっぽい。


        「相手方のこの美青年誰よ?!」と思ったら、トビー・マグワイアでした。

        「本気出せばこのくらいなれるんだね!トビー!」と。

        こんなことだけ強く思った。 


        「トゥモロー・ワールド」

        0
          今日は「見こぼし」を何とかする日。

          製作年:2006年
          監督:アルフォンソ・キュアロン
          出演:クライヴ・オーウェン他
          西暦2027年、人類は18年間の長期に渡って子どもが生まれない未曾有の異常事態が続いており、このままでは人類絶滅の危機は免れなかった。そんな中、国家の仕事に就くテオ(クライヴ・オーウェン)が、人類存続に関係する重要な情報を握り始める。人類の未来はおろか自分の将来でさえ興味を示さないテオだったが……。(シネマトゥデイ)

          子どもが生まれなくなってしまった近未来のお話。
          人は種族の存続を願う気持ちを遺伝子レベルで持っているとは聞いたことがありますが、やはり子どもは未来へと続く「希望の象徴」です。美しい未来、幸せな未来を残そうという努力も親が死んだ後も子どもが幸せでいつづけられるように思う人の心だと思う。

          「希望の象徴」をなくした人類は滅びへと向かっていく。これは納得いくように思います。

          自分の子どもを亡くし、何にも興味を示せなくなっていた元活動家が「キー」と呼ばれる女性を託されるわけですが・・。

          クライヴは今回銃を持つ事もなく、途中で殴り倒した男さえ心配げに見るような普通の男。長回しの銃撃戦で次々とまわりの人々が倒れていく中子どもを守るため奔走する。

          SF映画だと思って観たそんな私の予想を大きく上回って、リアルなお話でした。

          「ダイハード4.0」

          0
            最近PCが「ローカルなんとかのC;が何とか」らしいので削除しまくったんですよね・・。そしたらマウスの左クリックがやばくなりました。その上PC自体がフリーズしまくって、終了も出来ない状況に・・。一時期絶望的な気分でヤ○ダでローンを組んでる自分の姿がチラチラと頭をよぎりました。システムチェックしてみたら何とかなりましたが・・。
            まだ左クリックは出来ない んでこの記事もカテゴリーさえ満足に付けられないし、画像もアップできない っと。(その後何とかできました)
            マウスが悪いのか?自分が何か大切な物を削除したのか?さえ分からない状況。
            PCだって電化製品なんだもの、取説で使いこなせないはずはない!と思うんですが・・。


            製作年:2007年
            監督:レン・ワイズマン
            出演:ブルース・ウィリス他
            デジタルによって制御されている全米の都市機能の壊滅を狙う謎のサイバーテロ組織が動き出し、システムがテロによって攻撃されようとしていた。アメリカ政府ですら機能不全に陥ってしまう緊急事態のなか、これまで幾度となく危機を救ってきた元刑事のジョン・マクレーン(ブルース・ウィリス)が、再び事件解決に乗り出す。(シネマトゥデイ)

            お祭り的な映画なので観るのが気が進まなくってこんなに遅く観賞。
            ジョン・マクレーンは何があっても死なない安心感がありますね。「4」まできて、さすがにむさくるしくなってます。

            私的にヒットしたのはサイバーテロの首謀者、インテリのガブリエル。彼は「ヒットマン」のエージェント47ですが・・。好みじゃないと言いながら結構はまってます。可愛かったり、ワイルドだったり、品があったり、ガタイが良い所が好き。
            ↑ジョン・マクレーンのじゃじゃ馬娘を微笑ましく(?)見る、悪者ボス。ティモシー・オリファント。若く見えますがもう40です。

            この人はプライベートショットではホンワカした隙のある表情してますが、作品によってかっこよく見えるのは不思議です。油断すると可愛く見える顔なので、表情とかに気を使って演技をする人なのでしょうね。「ダメージ2」に出演しているので日本でももうすぐ見られる(たぶん)。

            サイバーとかデジタルとかネットとか目に見えないもので私たちの生活は動かされている現代ですが、マクレーンは「敵を倒して、娘を助ける」と言ってくらいついていきます。迷いも作戦もなく、それだけ。結局そういう人にはかなわないんでしょうね。いつの時代だって。

            「ターミネイター 4」

            0
              最近忙しくて、夜は眠気との戦い・・映画鑑賞がすっかり苦行めいてきてました・・。観たのにレビュー書く気になれない映画も数本・・。そんな時でしたが。
              生きてて良かった。出来るならもう一回観たいです。

              製作年:2009年
              監督:マックジー
              出演:クリスチャン・ベール他

              時は2018年。核戦争で荒廃した世界は、人工知能搭載のスーパーコンピューター“スカイネット”に支配されていた。生き残った人々は抵抗軍を組織し、機械との最後の戦いに備えていた。部隊のリーダーであるジョン・コナーは、“スカイネット”がやがて自分の父親となるカイル・リースの命を狙っていると知り、彼を探し始める。一方、ターミネーターがさまよう荒野をたくましく生き抜く少年カイルは、核戦争のことも、今が何年かさえもわからない屈強な男・マーカスと出会う。

              「4」は「<審判の日>の10年後/1作目のターミネーター(T-800)が完成する直前」の設定で、ジョン・コナーが「人類を救う救世主」として、周囲の尊敬を得て戦いを続けている最中のお話です。

              前半の戦闘シーンのスピード感と映像の素晴らしさに見入ってしまって、まばたきも出来ないほど。
              人類捕獲型ターミネーター「ハーヴェスター」、追跡型ターミネーター「モトターミネーター」、飛行兵器の「ハンターキラー」、「ターミネーター(T-600)」とワクワクするような機械たちがたくさん出てきます。
              これだけでも見ごたえは充分ですが・・、「4」にきて、ついに明かされた審判後の世界の様子を見る事が出来たのは感無量です。
              しかし「救世主」のはずのジョン・コナーたちレジスタンスはかなりの劣勢・・簡単に人類が勝つとは思えないような雰囲気で・・「5」「6」はどこらへんを引っ張ってくれるんでしょうか?ワクワクします。

              三作目のジョン・コナー役の方にはガッカリしてましたが、今回アントン・イェルチンはマイケル・ビーンに似た容姿で、とりあえずホッとしてます。
              もちろんクリスチャン・ベイルはやはり上手いし安心感バッチリ。
              記憶喪失の男マーカスは、オーストラリア人俳優、サム・ワーシントン。彼は美味しい役どころでした。

              「デス・レース」

              0
                製作年:2008年
                監督:ポール・W・S・アンダーソン
                出演:ジェイソン・ステイサム他

                民間企業が刑務所を運営している近未来。凶悪な犯罪者を収容するターミナル・アイランドでは、“デス・レース”と呼ばれる残酷なカーレースが行われ全世界に中継されていた。元レーサーのエイムズは親子三人で慎ましい生活を送っていたが、ある夜何者かに襲われ、妻殺しの濡れ衣を着せられた上、ターミナル・アイランドに収容される。彼は刑務所を牛耳る冷酷な所長ヘネシーから、“デス・レース”への出場を持ちかけられた…。

                予備知識なしで観賞。妙に面白いな・・と思っていたら、バイオハザードシリーズの監督・・納得です。
                ストーリーは簡単、レースでスカッ、勧善懲悪で納得という感じです。

                かなり過激なレースシーンが連続するのですが、プロがやったんでしょうね。すると今回ジェイソンさんはかなり座り演技が多かった のかなあ〜。

                「ドーン・オブ・ザ・デッド」

                0
                  監禁の次はゾンビ・・観始めるのが辛い・・いや怖い・・いや辛いのかも?・・いやむしろ「怖い=辛い」のかも?と七面倒くさいことを思ってるうちに面白くなってきました。やはり「噛まれる→ゾンビ化」だけではないゾンビ映画は面白いです。

                  製作年:2004年
                  監督:ザック・スナイダー
                  出演:サラ・ポーリー他
                  看護婦のアナは一日の仕事を終え、夫のルイスが待つ自宅へと帰る。いつものように愛を確かめ合い、幸せな翌朝を迎えたそのとき、寝室のドアが静かに開く。それが始まりだった。ドアの向こうに立っていたのは、死人のような顔をした隣家の娘。彼女はルイスの喉を食いちぎり、その血肉を貪り食った。驚愕の事態に呆然とするアナ。次の瞬間、死んだはずのルイスが起き上がり、アナに襲い掛かる。間一髪で屋外へ逃げ延びるアナだったが、そこに広がっていたのは、隣人が銃を向け合い、方々に火の手が上がる、信じ難い光景だった!

                  このゾンビ映画が「走るゾンビ」の走り・・でしたっけ?
                  今やゾンビは全速力で走ってますね。進化は早い。

                  ゾンビを見ているより、人間模様みているほうが私の好みに合ってることだけは分かったし、見せ場の多い「エンターテイメントゾンビ映画」だから面白い!で良いんだと思います。

                  これからゾンビ映画ってどういう風に進化していくんだろう?
                  なるべく長く生きて見届けないといけません!

                  「つぐない」

                  0
                    製作年:2007年
                    監督:ジョー・ライト
                    出演:キーラ・ナイトレイ、ジェイムズ・マカヴォイ他
                    第二次世界大戦前夜、夏のイングランド。政府官僚の娘で未来の大作家を自負する13歳のブライオニーは、大学を卒業したばかりの姉セシーリアと使用人の息子で幼なじみのロビーのただならぬ関係を察知し、ロビーへの警戒心を抱く。そして事件は起きる。ブライオニーの嘘の証言によって、愛しあう恋人たちは無残にも引き裂かれ、犯した過ちの重さにブライオニーが気づいたときには、泥沼の戦争が始まっていた。

                    ジェイムズ・マカヴォイ見たさに観賞。
                    多感なお年頃の妹が年上の姉の恋人に抱く思いは複雑 だとは思うのだけど・・。それにしてももうちょっと考えて発言しないとね。前途ある2人の若い男女の人生を狂わせてしまいました。
                    かといって、彼女が嘘をつかなかったら、2人はあのまま幸せな関係のままで人生を送れるのか?と言われれば、それが人生の厳しいところなんですが・・。

                    2人の人生を違う方向に向かわせた妹は後悔し、その思いを小説に書き記します。(他に具体的に反省を態度に表せるのにしないのがこの子のずるいところ)でも彼女は恋をしたことがない。
                    その当時ナースをしていた彼女は瀕死の患者の言葉に合わせて患者の恋人とになり、会話します。そしてその患者が死んだときはじめて「愛する人を失くす」辛さが身をもって感じられるのです。

                    ジェイムズ・マカヴォイは前半の使用人時代の「前途ある青年」役と後半の「失意の中にかすかな希望を持つ青年」を演じます。とても可愛かった。(←これは演技と関係なく個人的感想)

                    キーラ・ナイトレイって演技はどうなんだろ?大げさなところがあって少し興ざめ。
                    きれいな人ではあるのだけど・・う〜〜ん。

                    少し前に観た「デス・ロード」も恋人「男性」の方が最後に死んでしまうわけですが・・。
                    (私はいちおう女なので女性的観点からの考えで)
                    誰かを好きな絶頂期にその人が死んでしまう というのはドラマチックですよね。しかも思い出として「良かった時」のみが記憶に残る・・。付き合っていけば時と共にケンカや心変わり、相手のアラも見える・・。「死」が幸せなわけはないけれど、ある意味・・と考えてしまいます。

                    「デス・ロード 染血」

                    0

                      製作年:2007年 
                      監督:グレゴリー・ジェイコブズ
                      出演:エミリー・ブラント、アシュトン・ホームズ
                      大学の休暇中にクリスマス帰省する女の子が「同乗者求む」の掲示板で探した男の子(2人とも名前無し)と帰省するが、途中で立ち往生してしまう。その一晩に起こる出来事。


                      一言で言ってしまえば「幽霊物」でいわくありの雪山で繰り返し起こる恐怖体験を描いてます。
                      でもメインで出ている2人がとても良いんですよね〜。「帰省するためだけに出会った相手だから」と元から仲良くする気なんてない女の子はそういう事情を踏まえた上でも「根性悪すぎ」。運転している男の子をタクシーの運転手みたいな扱いをするわ、会話する意欲も見せないわ・・。
                      そのうち男の子が出身地を偽ったり、自分の個人的な事を知ってる事から「ストーカー!」「変態!」と言いはじめます。ナイフ掲げてるし。
                      本道を脇道にそれた男の子は「ロマンチック」な意図を持っていたのですが、そのために事故に遭い、立ち往生。それから次々と不思議な事が起こります。

                      車に閉じ込められた2人は何とか助かろうと動き回ったり、もめたりしていくわけですが・・。次第に男の子が事故で負った怪我で具合が悪いのを隠していた事が分かります。
                      女の子はやさぐれていますが、なんだか悩みがありそう。男の子はストーカーと言えばストーカーだけど、一途な気持ちの上でやったこと。窮地の中でも「女の子が困ると助ける」という態度が一貫していて、こういう人はとても貴重な人だと思うんですが・・。よくある映画のように2人がすんなり仲良くならないのが面白いところでもあり・・。

                      キャラが面白いし、人物設定が出来てるなあ〜、と感心。俳優の相性も良かったのだと思います。
                      少しずつ近づいていく2人の気持ちが細かく描かれていて途中からすっかり感情移入してしまった・・。
                      どうにか助かって欲しいと思って、見守ってしまったのですが・・。
                      「ラブロマンス」で良いと思います。最後は泣いてしまったし。

                      軽く扱われていても、こういう映画があると「本当に映画っていいな」と思いますね。

                      「チェイサー」

                      0
                        製作年:2008年
                        監督・脚本:ナ・ホンジン
                        出演:キム・ユンソク、ハ・ジョンウ、ソ・ヨンヒ他
                        04年に韓国で実際に起きた連続殺人事件をベースに、殺人犯と元刑事の追跡劇を緊張感たっぷりに描き出した犯罪スリラー。元刑事ジュンホが経営する風俗店から、女たちが相次いで失踪を遂げる。やがて店の客だった青年ヨンミンが容疑者として逮捕されるが、証拠不十分で釈放されてしまい……。韓国では観客動員数500万人以上を記録し、大鐘賞の作品、監督、主演男優賞など6部門に輝いた。L・ディカプリオ製作によるハリウッドリメイクも決定している。

                        これは面白かったです。
                        一時も退屈させない上手い作りとしていると思う。

                        犯人が「まだ生きている女」を残した殺害現場を警察と元刑事のジュンホが協力をしているようでお互いを邪魔し、効率悪く、遠回りしながら、実は近づいているような捜査方法で、(でも実は2日あまりの出来事)見つけ出す過程が面白いのだからだと思う。

                        ガラが悪く、まるで刑事というよりごろつきのジュンホが少しずつ自分のため以外に事件にのめりこんでいく。
                        それは女が残した子どもを預かってしまった という理由もあるかもしれないけど、人はどこかで誰かを思いやる気持ちも持っているが、それを忘れる事もあるのだと思いたい。

                        犯人が人を殺す時の冷酷さ・・あんなに「殺したい意志」を持って一直線にやってくる人から助かるのは難しいと思う。でもそういう邪悪な人がたまに存在する。残念ながら。



                        calendar

                        S M T W T F S
                              1
                        2345678
                        9101112131415
                        16171819202122
                        23242526272829
                        30      
                        << April 2017 >>

                        ニュース

                        selected entries

                        categories

                        archives

                        recent comment

                        • 放置するにもほどがある!
                          Chiezo
                        • 放置するにもほどがある!
                          あかひ
                        • 放置するにもほどがある!
                          とも子
                        • ヴィンセント・ドノフリオ
                          あかひ
                        • しばらくお休みします
                          あかひ
                        • しばらくお休みします
                          りら
                        • ヴィンセント・ドノフリオ
                          ミスティ
                        • しばらくお休みします
                          ティム
                        • しばらくお休みします
                          ChieZo
                        • 「リトル・ダンサー」
                          あかひ

                        recent trackback

                        recommend

                        recommend

                        recommend

                        recommend

                        recommend

                        recommend

                        recommend

                        recommend

                        links

                        profile

                        search this site.

                        others

                        mobile

                        qrcode

                        PR