スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • 2014.05.02 Friday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    「間宮兄弟」

    0
      「間宮兄弟」という映画をご存知ですか?

      この映画、レビューにはホンワカだの癒されただのあるんですが
      私はそんなんよりモヤッとした不安とか悲しさ・・みたいな
      「この気持ち一体何なんだろうな?」と時々思い出します。

      とても仲の良い兄弟は一人一人はとても良い人達なんだけど
      女性から男としては見られない。
      きっとこの兄弟は死ぬまでこうなんだろうな・・。

      たぶん間宮兄弟にとっては二人でいる時の充実感が他の関係では得がたいものなのでしょうね。
      兄弟が二人だけの世界から抜け出せない理由はいろいろあると思いますが・・。

      別に結婚しないといけないとか言ってるんじゃなく
      「血の繋がった兄弟の愛もありますよ、そして血の繋がらない他者との愛もありますよ、長い人生なのだから経験してみてもいいんじゃないかな?」と思うんです。
      もちろん彼ら自身が望めばですが。
      そのためにこれからも小さな努力をしてくれたらいいなと思います。

      実は女性との関係の切れ目がないような男を私は知らない。興味がない。
      間宮兄弟のような「どうにかしてやりたい気がするけどどうにもできない人」
      に非常に興味があります。
      ある意味だめんず好き。
      間宮兄弟がそばに居ればとても興味深く観察できたのに・・。
      きっとどうにもできませんが。
       

      海外ドラマ

      0
        最近CSを見ています・・と言うよりCSしか見ていません。
        それで気になったイケメン(死語なのか・・)を。

        まずドラマ「スーパーナチュラル」から
        ジェンセン・アクレス
        昔からこういう感じの人は好き。好みってヤツですね。
        「ウォーキング・デッド」から
        ノーマン・リーダス
        武器が似合う男。とても良い感じ。
        ものすごく邪念のこもった目でドラマを見ています( ゚ェ゚)・;'.、ゴフッ

        「マグノリアの花たち」

        0

          ホラー映画ばかり観ているような私も実はヒューマンなドラマが好きだったりして。

          でも涙もろいからいかにも「グワ〜〜ッ(涙)」ときそうなのは避けてます。

          だってありえんくらい涙が出るんですもん。ダクダク出ます。

          『マグノリアの花たち』(マグノリアのはなたち、Steel Magnolias)はロバート・ハーリングの戯曲。アメリカ合衆国南部の小さな町を舞台に、固い絆で結ばれる女性たちの姿を描いた作品である。初演は1987年にオフ・ブロードウェイで上演され、それを原作とした映画が1989年に公開された。ここで言うマグノリアは、アメリカ南部を象徴する花木タイサンボクを指す。 ウィキペディア




          このお話は病気がらみなのでさらに・・。

          「おばさん集団は強し!」何も悪い事しなくても生きてりゃたまには辛い事もあるよね。

          みんなでアハハと笑って時間が過ぎるのを待つしかない時もあるかなあ〜なんて。

          ジュリア・ロバーツってよく見ると面白い顔してるのね。。。

          女優さん達がみな上手いので安心。


          スペル

          0

            2009年製作・アメリカ 「スパイダーマン」のサム・ライミ監督によるサスペンス・スリラー。ほんの少しの不親切がきっかけで、思いもよらぬ体験をするはめになるヒロインの驚愕の3日間が描かれる。

            いや〜面白かった(^_^;)サム・ライミやるな・・。

            女の子が霊と戦うんですがその霊がめちゃくちゃ凶暴なんですよね






            ←直接的なアプローチをしてくる霊

            ひるみながらもギャーギャー言わずちゃんと戦うあたりに好感が持てる女の子でした。
            私もそういう時にはキチンと対応したいもんです、、。それが一人前の大人ではないかな と。

            でも間髪入れず子猫をアレしたり、雨ん中墓穴をほじくり返して死体と戦ったり、、できるかどうか不安になってきた。
            霊の創意工夫のあとが見られるしつこさもとても良かった。

            死後の世界がこんなに楽しいイベント満載なら期待が持てますね 。
            って私はめんどくさがりなのでさっさと成仏しそうですが。

            観てない方良かったら観てみてください。

            「MAY」

            0
              映画『MAY』は、2002年に製作されたアメリカ合衆国のホラー映画。
              アメリカ映画っぽくないなあ〜と思ったのは主人公MAYが作る服のセンスが良かったせい。

              これはある女の子の物語。
              小さい頃のエピソードはMAYの斜視の矯正に関わること。母親は見かけにこだわるタチみたいで斜視のMAYの見た目が自分の基準に合わないのにうろたえ『見た目は完璧にしてあげるからね』だって。自分が気になってるだけなのに。
              MAYはそんな母親に無駄に大きい眼帯をさせられ、服装はいつもドレスっぽく、およそ子どもらしくない格好で育つ。友達から浮いて孤独なMAYに母親は自分の手作りの薄気味悪い人形を与え、ガラスの飾り箱から出してはいけないけどあなたの友達だと言い放つ。あらら。マズイ、、。


              大きくなってMAYも恋をし、手が綺麗な男性を見つけるが上手くいかないんだよね。それはMAYが人のパーツのみを愛しその人全体を愛さないからなんだけど、、。
              それからも自分なりの価値観でしか人を愛せないMAYは辛い別れを繰り返し悲しみの極致に達した時、ついに好きなパーツだけを集めた『完璧な友達』を作ることにする。
              趣味の裁縫の腕を生かして、、。


              MAYは分かってなかったんだね。ただ愛されたかった。ありのままのMAYを見て抱きしめて優しく頬を撫でて欲しかった。淋しいって恐ろしいことだ。

              プロメテウス

              0
                『プロメテウス』(Prometheus)は、2012年のアメリカ合衆国の映画。フランス(2012年5月30日)、イギリス(同6月1日)などで先行公開された後、アメリカでは20世紀フォックス配給によって2012年6月8日に公開された。日本では、同8月24日よりPG12指定作品として全国公開された。 本作はリドリー・スコット監督によるSF映画である。元々、同監督の『エイリアン』(1979年)の前日譚として企画されたが、『エイリアン』シリーズから独立した物語に発展した。撮影は2011年3月開始。(ウィキより)

                近所にゲオ開店でやっと観た。
                映像は所々頑張ってて劇場でみたらさぞ良かっただろうな〜〜なんて。
                やな予感がしていたものの途中から主役の女優と声優を心から嫌いになってしまい
                あとは嫌悪感を感じながら我慢して観る・・といった苦行めいた・・。
                あんま、そんなことないんだけどね。

                ノオミ・ラパス あ、この人だったのか・・・。無表情の方がよいのかもしれないね。

                これどうかな?

                0
                  「ヘルレイザー:レベレーション」・・
                  ヘルレイザー最新作・・またかい・・
                  クライブ・バーカーというイギリスのホラー作家の「血の本」から・・
                  快楽と痛みは紙一重だっつー話
                  最初から全部観なおそうかと思っていますが

                  「攻殻機動隊」観なおそうと思ってるのに
                  いつ時間取れるんだ?!

                  サイレント・ヒル 続編!?

                  0

                    「新作映画への興味と関心」からも遠ざかってましたが・・

                    何故か「サイレント・ヒル」観直してたり
                    ゲーム画像集めてみたりして あ〜かわい

                    続編観れるんですね〜。


                    「ウォンテッド」たぶん2回目・・

                    0
                       「エンジェル・ウォーズ」の女の子たちを見てたら「ウォンテッド」が無性に観たくなりましたが・・
                      何故だろう??

                      この映画は「分かりやすいストーリ(暗殺者集団の内部抗争)」と「ある才能を持つ人がアクションを加えた銃さばきをすることによって弾道を変えることができる」というアイデアが光ってます。

                      何してもさえなくて自分に自信が持てない青年がうつうつとした毎日を送っているんですが
                      アンジェリーナ・ジョリー演じる女に「あなたは選ばれた人間なのよ♡」なんて言われ暗殺組織に誘われる。まるでいじめのようなとんでもない修行を積んでその暗殺技術を体得するが実はその組織は・・。という・・実の父をアレしてしまうよう仕向けられていたとかいなかったとか・・あぁネタばれてますがもう昔の映画なんで〜。

                      ものすごく分かりやすいストーリーなんで・・(あ!だから「エンジェル・ウォーズ」のあとはこれ観たくなったんだ)

                      アンジェリーナ・ジョリーの弾道は円軌道描いてますし・・冒頭のコンビニのシーンでは彼女見たことないくらい怖い顔しててうなされそうです。





                      あとはこのシーンが好き!
                      あぁ しぶすぎる・・。



                      「エンジェル・ウォーズ」

                      0
                        「エンジェル ウォーズ」って・・
                        ちょっとB級感あふれる邦題になってます・・手に取る気持ちを萎えさせます。

                        製作年:2011年/米 監督:ザック・スナイダー
                        「300」「ウォッチメン」のザック・スナイダー監督によるガールズ・アクション・バイオレンス・ファンタジー映画。




















                        ストーリー構成は三層になっていて混乱しがち。

                        仝充太こΔ之冑磴吠譴繁紊鮖Δ気譴申の子が精神病院に入れられ
                        ∪鎖隻賊,孤児院で実は売春宿で
                        女の子が踊ると「空想世界」に入り戦う

                        でミッションが成功すると精神病院=孤児院からの脱走に必要なアイテムが一つずつ手に入るのですが△鉢は完全に女の子の妄想の世界です。

                        途中から「ストーリーはもういいかな」と思ってしまいます。
                        何故か日本風のセーラー服と刀を身に着け、武者風のクリーチャーと戦う女の子はゲームのPV見てるようですが目を惹きつけられる。映像を観るんだと思うとなぜか心が安らぎ楽しめます。面白い物観たな・・で良いかと。
                        Check


                        calendar

                        S M T W T F S
                         123456
                        78910111213
                        14151617181920
                        21222324252627
                        28293031   
                        << August 2016 >>

                        ニュース

                        selected entries

                        categories

                        archives

                        recent comment

                        • 放置するにもほどがある!
                          Chiezo
                        • 放置するにもほどがある!
                          あかひ
                        • 放置するにもほどがある!
                          とも子
                        • ヴィンセント・ドノフリオ
                          あかひ
                        • しばらくお休みします
                          あかひ
                        • しばらくお休みします
                          りら
                        • ヴィンセント・ドノフリオ
                          ミスティ
                        • しばらくお休みします
                          ティム
                        • しばらくお休みします
                          ChieZo
                        • 「リトル・ダンサー」
                          あかひ

                        recent trackback

                        recommend

                        recommend

                        recommend

                        recommend

                        recommend

                        recommend

                        recommend

                        recommend

                        links

                        profile

                        search this site.

                        others

                        mobile

                        qrcode

                        PR